本文へ移動

8日間で異例の“名古屋vs浦和”3連戦…グランパス連覇へ甲田英将「難しい戦いだがチャンス」【ルヴァン杯】

2022年6月29日 17時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・甲田(右)と浦和・ユンカー

名古屋・甲田(右)と浦和・ユンカー

 サッカールヴァン杯準々決勝の組み合わせ抽選会が29日、国立競技場で開かれ、前回王者の名古屋グランパスの対戦相手は、浦和に決まった。第1戦は8月3日に豊田スタジアム、第2戦は8月10日に埼玉スタジアム。8月6日にリーグ第24節で両者は戦う(豊田ス)ため、異例の同カード3連戦となる。
 昨季、悲願の初制覇を果たし、連覇を狙うグランパスが、真っ赤な3連戦に挑む。2戦目の埼スタは、昨季カップを掲げたスタジアムであり、6月18日のリーグ戦では0―3で敗れた地。酸いも甘いも知るピッチで、栄光の再現に近づく。
 抽選には、各チームの選手が参加。グランパスからは、今季U―18から昇格し、2月23日のルヴァン杯清水戦(豊田ス)でデビューを果たしたMF甲田英将が参加した。5月18日のルヴァン杯徳島戦(鳴門大塚)で左膝外側半月板を損傷。全治3カ月と発表されたが、21歳以下を対象にした「ニューヒーロー賞」では得票上位につけている。
 甲田は3連戦となったことに「難しい戦いになると思うが、自分が出るチャンスも出てくると思う。チームとしても個人としても結果を残したい」と抱負。ニューヒーロー賞には「順調に治ってきているので、試合に間に合えば。本当にすごい選手が取っている賞。自分も取れたら、さらに上につながる」と意欲を示した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ