本文へ移動

左手痛め6月全休の鈴木誠也30日にも実戦復帰か 監督「一定の打席数を与える時期」【MLB】

2022年6月29日 17時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木誠也(AP)

鈴木誠也(AP)

 左手を痛めて6月は全休となったカブスの鈴木誠也外野手(27)が、復帰への最終段階として29日(日本時間30日)にもマイナー戦に出場する可能性が高くなった。
 球団地元放送局マーキーSNによれば、ロス監督は28日、チームに再合流した鈴木の実戦形式の打撃練習を視察。「誠也はすごくいい感じに見えた」と明るい表情で、「いまのところ、問題はない。もし(29日に)彼自身の感触が良ければ、調整として(マイナー戦の)グラウンドに出し、一定の打席数を与える時期にきている」と語った。
 鈴木は5月26日、二盗した際に左手の薬指を捻挫し、負傷者リスト入り。当初は今月10日前後の復帰が見込まれていたが、首脳陣が慎重を期して送ったアリゾナ州メサの球団キャンプ施設でリハビリに専念していた。大方の米メディアは、復帰時期をオールスター休み(7月18~20日)の前と見ている。
 メジャー挑戦1年目の今季、4月は打率・279、OPS(出塁率+長打率)・934とロケットスタートを切り、月間最優秀新人に選ばれた。だが、5月は打率・211、OPS・616。シーズンを通しては41試合で打率・245、OPS・775。4本塁打、21打点に加え、21四球、49三振、3盗塁となっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ