本文へ移動

けんか売られた方が逮捕? 相模原の傷害事件にトラウデン直美「被害者の方にも非はありそう」 「同意なら喧嘩両成敗」と疑問の声

2022年6月29日 11時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ

フジテレビ

 フジテレビ系朝の情報番組「めざまし8」は29日、相模原市で起きた交通トラブルを巡る傷害事件を取り扱った。
 車線変更を巡り40歳の男性と20代の男性がもめ、相手の顔をけるなどして20代の男性が逮捕された事案。番組では現場の防犯カメラの映像などを用い、40代の男性が時計を外して準備運動を始め、蹴るしぐさをして先に挑発するような行為を始めた様子を流した。逮捕された男は当初、間合いをとり、けんかに応じない姿勢を貫いていた。
 スタジオ出演したタレントのトラウデン直美(23)は「暴力は誰にも許されていることがないのは前提ですけど、被害者の方にも非はありそうだなというのが映像から私は感じられてしまった」と感想を述べ、逮捕された加害者側が全面的に悪いわけではないと強調した。
 ネット上でも同じような意見が相次ぎ、ツイッターではこの日「喧嘩両成敗」という言葉がトレンド入り。「映像ではどう見てもイキって煽ったのはおっさんの方」「喧嘩両成敗かおっさんの方が分が悪い」「殴ったり蹴るウオーミングアップまでしてなかなかやる気満々だったのに、負けた途端に通報て。お互い同意の上なら喧嘩両成敗」「喧嘩売っといて負けたら被害者とか、おかしくない?」と疑問の声が上がった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ