本文へ移動

中日・石川昂の靭帯再建手術は「将来的なことも考えて」と立浪監督 「再発してそこから手術するより…」

2022年6月28日 22時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・立浪監督

中日・立浪監督

◇28日 巨人6-2中日(荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)
 左膝前十字靱帯(じんたい)の再建手術を受ける中日・石川昂弥内野手について立浪監督は試合後、「将来的なことも考えて。また再発してそこから手術するよりも、完全に治して再起を目指すという判断です」と語った。
 石川昂は5月27日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で三ゴロを放った際に、一塁手との接触を避けようとしてバランスを崩した。直後の守備から交代。その後、左膝前十字靱帯不全損傷と診断されていた。
 立浪監督はこれまでに「手術をすぐするレベルではないが、ちょっと様子を見ないと分からない」と語っており、1カ月経過を見て、今後を判断する方針を示していた。
 プロ3年目の今季は37試合出場で打率2割2分5厘、5本塁打、19打点。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ