本文へ移動

【中日】石橋が強肩発動、巨人ポランコの二盗を阻止も…6失点には反省

2022年6月28日 22時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
二盗を阻止する石橋

二盗を阻止する石橋

◇28日 巨人6-2中日(荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)
 腰痛のためベンチ外となった木下に代わって2試合連続スタメンの中日・石橋康太捕手が二盗を阻止した。同点の4回1死一塁で、素早く二塁に送球し一走・ポランコを刺した。26日の阪神戦(甲子園)では3盗塁を許していたが、この日は強肩を発動。ただ、先発・小笠原、2番手・清水で計6失点を喫し「盗塁を刺したことよりも、試合に負けてしまったのでそれが全てだと思います」と敗戦の責任を背負い込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ