本文へ移動

【日本ハム】ビッグボスの奇策実らず「トントントンと点が入っていけば面白かった」

2022年6月28日 22時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・新庄監督

日本ハム・新庄監督

◇28日 西武5-2日本ハム(ベルーナドーム)
 日本ハム・新庄剛志監督が仕掛けた奇策はこの日も実らなかった。
 1点を追う6回。1死から松本剛と野村の連打で一、三塁の同点機を迎えた。打席に入ったのは西武先発の松本に今季ここまで7打数4安打、打率5割7分1厘と相性のいい石井。ここでビッグボスは1ストライクからの2球目にセーフティースクイズのサインを送ったが、石井は内角の146キロ直球を見逃してストライク。三塁走者の松本剛は慌てて帰塁した。結局、石井は1ボール2ストライクと追い込まれた後の147キロ直球を空振り三振に倒れた。
 試合後のビッグボスは「あの一、三塁、作戦どれでいこうかなと考えた結果、セーフティースクイズにして結果的にストライク。あれ、意識が外気味(のコース)にあったんでしょうね。トントントンと点が入っていけば面白かったと思う」と悔しがった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ