本文へ移動

田中恒成「目指している場所はここではない」きっぱり 世界王者に『必ずなる選手』として力見せつける

2022年6月28日 22時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
きっちり仕上がった肉体を披露する田中恒成

きっちり仕上がった肉体を披露する田中恒成

◇WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級タイトルマッチ、前日計量クリア
 ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーフライ級タイトルマッチが29日に東京・後楽園ホールで行われる。28日は東京都内で前日計量が行われ、王者の橋詰将義(28)=角海老宝石=がリミットの52・1キロ、元世界3階級制覇王者で挑戦者の田中恒成(27)=畑中=は100グラムアンダーの52・0キロで一発パス。両者とも勝利への自信を見せた。戦績は橋詰が21戦19勝(11KO)2分け、田中が17戦16勝(9KO)1敗。
   ◇   ◇
 恒成の体は見事なまでに仕上がっていた。余裕を持って計量をパス。無駄な部分はなく、筋肉はしっかり隆起している。「(仕上がりは)最高です」。苦手だった減量もうまくいった。臨戦態勢は完全に整った。
 世界の舞台でスポットライトを浴びてきただけに、地域タイトルが懸かる今回の一戦は「オレには似合わない」。だからこそ、勝たなければならない。それも圧倒して。「世界チャンピオンになりたい人間と必ずなるような選手は絶対に違う。実力、気持ち、その差を改めて見せつける」と言葉に力を込めた。
 この日は長く伸びていた髪をコーンロウにして登場した。「ずっと伸ばしていて、これしかなかった」と笑ったが、気合を入れ直した形。今春の米国合宿では名伯楽のイスマエル・サラス・トレーナーに師事した。異国の地で、絶対的なスピードこそが最大の武器だと再認識した。だから、以前のような超攻撃的スタイルに戻した。
 「今回の試合は世界戦への最終ステップのつもりです。KOします」。久々の後楽園ホールでの一戦だが、「目指している場所はここではない」とも言う。追い求めているのは大きな舞台で世界のベルトをかけた戦い。この一戦は通過点にすぎない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ