本文へ移動

大橋ジム会長「PPVのマーケットある」天心―武尊戦で受けた衝撃「いい水先案内になってくれた」

2022年6月28日 20時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
サンドバック打ちで汗を流す井上尚弥

サンドバック打ちで汗を流す井上尚弥

ボクシング世界3団体統一バンタム級王者の井上尚弥(29)=大橋=が28日、横浜市内の所属ジムで練習を再開した。次のターゲットはWBO王者バトラー(英国)で、大橋会長によるとファイトマネーは3億円を突破する見込み。将来的には東京ドーム興行も視野に入れているといい、スケールが加速度をつけて大きくなっている状態だ。
 井上尚弥の練習再開を見守った大橋ジム大橋秀行会長は、19日に東京ドームで行われたキックボクシング界のビッグマッチ、那須川天心―武尊戦にも言及。ペイ・パー・ビュー(PPV)で公称50万の視聴があったとことは大きなインパクトがあったという。
 「別競技の話だけど、いい水先案内になってくれた。日本にはPPVの市場はないと言われていたけど、そういう土壌があると分かった。(ドネア戦を生中継したアマゾンプライムビデオなどの)サブスクは視聴者数がその数字からさらに桁違いに多いが、今後はPPVも選択肢に加わったと思う」と、大橋会長は話していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ