本文へ移動

【広島】上本「ラッキーヒットです」楽々捕球と思われた打球が野手の目の前で弾み後逸し先制二塁打

2022年6月28日 19時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島・上本

広島・上本

◇28日 広島-ヤクルト(マツダ)
 広島がラッキーな先制点を挙げた。
 4回無死一、二塁。6番の上本崇司内野手が右翼へライナーを放った。ヤクルトの右翼手・山崎は前進し、楽々と捕球するかに思われた。捕球地点に到達する直前、急に足が止まった。ボールを見失ったのか、打球は山崎の目の前で弾み、さらに後逸。先制二塁打となった。
 上本は「打ったのはスライダー。ラッキーヒットです。床ちゃん(先発の床田)のために」とコメント。さらに1死二、三塁から8番の会沢翼捕手が、1ボール2ストライクから左翼線へ2点タイムリー二塁打。「打ったのはフォーク。追い込まれていたので何とかランナーをかえせて良かったです」。この回一気に3点を挙げた。
 広島はこの日、秋山翔吾外野手(米大リーグ・パドレス傘下3Aエルパソ)の入団会見を30日に開くと発表した。ヒットメーカーの加入が近づく中、野手陣が奮起している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ