本文へ移動

北信越大会を制した日本航空石川と、センバツ8強の星稜が優勝争いの軸に【高校野球・石川大会展望】

2022年6月28日 18時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
石川大会の組み合わせの抽選の様子

石川大会の組み合わせの抽選の様子

 第104回全国高校野球選手権(8月6日から17日間、甲子園)の代表校を決める石川大会の組み合わせ抽選会が28日、同県津幡町の町文化会館シグナスであり、対戦カードが決まった。44チームが参加し、7月8日に開幕。順調に日程が進めば同25日に金沢市の石川県立野球場で決勝が行われる。今春の北信越大会を制した日本航空石川は初戦で津幡と対戦する。
   ◇   ◇
 今春の北信越大会を制した日本航空石川とセンバツ8強の星稜が優勝争いの軸になる。日本航空石川はプロ注目のスラッガー・内藤を中心に打線が強力。星稜のエース右腕・マーガードは手元で動くボールで打者に的を絞らせない。この2校を昨夏に36年ぶりの甲子園に出場した小松大谷、今春県大会準優勝の金沢が追う。遊学館、鵬学園といった実力校も楽しみな存在だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ