本文へ移動

JFL鈴鹿「百年構想クラブ資格」失格処分 ”敗退行為指示”で全役員交代も「ガバナンス改善に至らず」

2022年6月28日 17時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
JFL鈴鹿・三浦監督

JFL鈴鹿・三浦監督

◇来季Jリーグ入りする可能性、断たれる
 Jリーグは28日、日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズの「百年構想クラブ」資格を失格とすることを決定した。これにより、鈴鹿が来季Jリーグ入りする可能性は断たれた。
 鈴鹿を巡っては2020年にクラブ幹部からの敗退行為を指示があったことが認定されたことで、百年構想クラブ資格を「解除条件付き停止」とされていた。
 鈴鹿は21日付で吉田雅一前社長が辞任し、全役員が交代していた。リーグは28日の理事会で「ガバナンスの改善に至ると客観的に判断できうるまでの十分な体制構築が行われていない」として解除条件の未達を判断した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ