本文へ移動

タイトルホルダーは直行で凱旋門賞へ、栗田師「7月中に1度現地視察したいと思います」

2022年6月28日 17時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルホルダー

タイトルホルダー

 宝塚記念を2分9秒7のコースレコードで制したタイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田)が28日、美浦トレセンの自厩舎で元気な姿を見せた。レース当日に美浦に帰り、翌日は静養。この日は厩舎周りの運動などで軽く身体をほぐした。
 秋の大目標「凱旋門賞」(G1・10月2日・仏パリロンシャン・芝2400メートル)へ向けて具体的なプランはこれからだが、栗田師は「おそらく(前哨戦を挟まず)直行になると思います。7月中に1度現地視察したいと思います」と話した。今後は1週間ほどは自厩舎で様子を見て状態を確認した後、放牧に出る予定。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ