本文へ移動

鵜飼航丞、降格後初戦で即マルチ安打! 満塁機で適時打の次打席は二塁打【中日2軍】

2022年6月28日 15時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回、適時打を放った中日・鵜飼

3回、適時打を放った中日・鵜飼

◇28日 ウエスタン・リーグ オリックス―中日(杉本商事BS舞洲)
 27日に出場選手登録を抹消された中日のドラフト2位ルーキー・鵜飼航丞外野手が「6番・右翼」で先発出場し、2軍降格後初戦で即マルチ安打をマーク。幸先のいい再スタートを切った。
 5回1死。オリックスの2番手・吉田凌の131キロスライダーを捉えた打球は左中間へ。鵜飼は二塁ベースを回り果敢に三塁を狙ってアウトになったが、記録は二塁打。3回無死満塁の好機には竹安の147キロ直球を捉え中前適時打を放っており、2軍降格後即マルチ安打と結果を残した。1回の第1打席は振り逃げ三振で出塁し、二盗を決めていた。
中日新聞フォトサービス
中日新聞フォトサービス
おすすめ情報

NEWS

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ