本文へ移動

津の「認知症サポーター」数、県内で低水準 市が養成講座を積極開催

2022年6月28日 05時05分 (6月28日 11時58分更新)
認知症の人の会話を寸劇形式で紹介する職員ら=津市河芸町上野の朝暘中で

認知症の人の会話を寸劇形式で紹介する職員ら=津市河芸町上野の朝暘中で

 認知症の正しい知識を身に付け、患者の見守りを手助けする「認知症サポーター」の人数が津市内で低水準で推移している。若者や企業も含めた地域全体で認知症の人を支える態勢づくりが課題となっており、市は講座の積極的な開催に向けて力を入れる。 (鎌倉優太)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報