本文へ移動

11年前と変わらぬ人柄、瀬戸で取材の記者が回想 藤井王位が犬山入り

2022年6月28日 05時05分 (6月30日 11時39分更新)
2011年11月に取材した当時の藤井王位。真剣な表情で指していた=瀬戸市内で

2011年11月に取材した当時の藤井王位。真剣な表情で指していた=瀬戸市内で

  • 2011年11月に取材した当時の藤井王位。真剣な表情で指していた=瀬戸市内で
  • 王位戦第1局を前に対局室を検分する藤井聡太王位=犬山市のホテルインディゴ犬山有楽苑で
 将棋の「お〜いお茶杯第63期王位戦」の28日の第1局を前に、藤井聡太王位(19)が27日、会場となる犬山市に入った。記者は2011年11月に、まだ世間から注目を浴びていなかった9歳の頃の藤井さんを、地元の瀬戸市で取材したことがある。およそ11年ぶりに直接取材した藤井さんは当時と変わらず、シャイで将棋に真っすぐで、人柄の良さがにじみ出ていた。 (水越直哉)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧