本文へ移動

1日当たり投票者 2%減 期日前、23〜26日の4日間

2022年6月28日 05時05分 (6月28日 09時48分更新)
 県選管は二十七日、参院選が公示された翌日の二十三日から二十六日までの四日間で、県内で一万七千五百一人が期日前投票をしたと発表した。三年前の前回選と比べて一日当たりの投票者数は八十九人減、割合にして2%減っている。
 今回の参院選は公示日が一日前倒しとなった影響で例年より選挙期日が一日長く、単純な比較はできない。一方、入善町では三年前の三百六十三人から七百三十二人へ、約二倍の有権者が投票を済ませている。
 期日前投票は県内各地の市町村役場や行政センターなど計四十一カ所で投票できる。一部会場を除き七月九日までで、午前八時半〜午後八時に投票を受け付ける。各市町村の会場や受付時間などは、県選管のホームページから確認できる。 (長森謙介)

開票速報

参院選2022
参院選2022

関連キーワード

おすすめ情報