本文へ移動

【ハンドボール】「注目選手はやはり宮崎大輔」41歳監督兼選手として4年ぶり復帰 日本L開幕へ燃える

2022年6月27日 21時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮崎大輔

宮崎大輔

 ハンドボールの日本リーグが男女とも7月2日に開幕する。注目は、男子に新加入するアースフレンズBMの監督兼選手として4年ぶりにリーグ戦へ復帰する宮崎大輔(41)。長年、日本代表として活躍してきたハンド界のレジェンドが二足のわらじでリーグを盛り上げる。27日は全チームの監督と主将がオンラインで会見し、抱負などを語った。
 わくわく感を抑えきれない。スーツ姿でオンライン会見に臨んだアースフレンズBMの宮崎監督兼選手は、4年ぶりに復帰するリーグ戦への熱い思いをぶつけた。「注目選手は、やはり宮崎大輔ですね。彼はいまだに走れて、いまだにキレのあるアウトフェイントがあると豪語していました。どこで出るか、楽しみにしていてください」
 2020年6月と昨年12月に右肩を手術。まだリハビリの最中で体調は万全ではない。それでも、04年アテネ五輪から日本代表の中心として悲願の五輪出場を目指してきた経験はリーグでも屈指だ。主将の福田丈(30)は「年齢を感じさせない動き。一緒にプレーしたい」と共闘を楽しみにしている。
 また、今回は監督として新境地にも挑む。若手が中心のチームは経験不足の反面、勢いに乗れば思わぬ力を発揮する可能性を秘める。リーグ3連覇を目指す豊田合成と対戦する9日の初陣に向け「まずは1勝をどこで勝ち取れるか。結果は後からついてくる。若い選手が多いので勢いがあるし、きついトレーニングもしている。練習の成果を見せられるようにしたい」と意気込む。
 宮崎の復帰でリーグの活性化も見込まれる。大分国際情報高時代の同級生でもある大同特殊鋼の末松誠監督(40)は「高校時代からの親友でありライバル。互いに良い刺激を与えて、一緒にリーグを盛り上げていけたらと思う」と対戦を楽しみにしている。外国選手にも引けを取らない豪快なプレーを再び見ることができるのか、楽しみだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ