本文へ移動

ガッキー、山崎貴監督に「好きです」!? 星野源の曲が流れる中ランウェイ、映画「ゴーストブック おばけずかん」舞台あいさつ

2022年6月27日 19時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
おばけのポーズを披露する新垣結衣

おばけのポーズを披露する新垣結衣

  • おばけのポーズを披露する新垣結衣
  • 舞台あいさつを行った(前列左から)サニーマックレンドン、柴崎楓雅、城桧吏、吉村文香、山崎貴監督、(後列左から)神木隆之介、新垣結衣
 女優新垣結衣(34)が27日、東京都内で映画「ゴーストブック おばけずかん」(山崎貴監督、7月22日公開)完成披露舞台あいさつに出席。昨年、歌手で俳優の星野源(41)と結婚後、初めて公の場に登場した。
 今作は、どんな願い事もかなえてくれる“おばけずかん”を手に入れた子どもたちの冒険と成長の物語。新垣は子どもたちと一緒に冒険に出る新米教師の葉山瑤子を演じた。
 共演の俳優城桧吏(15)、柴崎楓雅(14)、サニーマックレンドン(12)、吉村文香(14)、神木隆之介(29)らと登壇した新垣。星野が歌う主題歌「異世界混合大舞踏会(feat.おばけ)」が流れる中、ランウェイを歩き、おばけポーズを決めてみせた。新垣は「慣れないランウェイで、おばけポーズは恥ずかしかった」と照れ笑いを浮かべながらも、「みなさん、どうでした?」と観客に尋ねると大きな拍手を浴びていた。
 試写を見た感想を聞かれ「私はファンタジー作品がとても好きなので世界観がすごく良かった。子どもだけでなく大人が見ても楽しめる映像やエピソードに実生活で勇気をもらえるようなメッセージが込められている。試写を見て監督と目が合ったときに『好きです』と言った」
 これに対し、山崎監督は「目が合って、新垣さんが『好き』と言った。5秒くらい固まって『ああ映画のことね』」と“告白”にドキドキした様子。新垣は「第一声がそれだなというくらい、わくわくして楽しくてハラハラしてとても大好きな作品です」と語っていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ