本文へ移動

チャリティーランナー兼近、話盛った「1日20キロ走っている」実際は週2で10キロ【24時間TV】

2022年6月27日 17時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見会場に置き去りにされた中丸雄一の等身大パネルを撤収するEXITの兼近大樹

会見会場に置き去りにされた中丸雄一の等身大パネルを撤収するEXITの兼近大樹

 日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ45 愛は地球を救う」(8月27~28日)のPR会見が27日、東京・汐留の同局で開かれ、ユニットとしてメインパーソナリティーに初挑戦する「ジャにのちゃんねる」の二宮和也(39)、山田涼介(29)、菊池風磨(27)をはじめ、チャリティーランナーを務めるお笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(31)、番組サポーターの徳光和夫(81)、総合司会の羽鳥慎一(31)&水卜麻美(35)アナウンサーが出席した。
   ◇   ◇
 3年ぶりに復活するチャリティーランの走者に選ばれた兼近は「こんなまともじゃない人間が走るんだというのは自分でもびっくり。とりあえず、こういう見た目のこういうヤツが走っているのを見て、ふさぎ込みがちだった世の中を少しでも明るくできたら」と、持ち前のチャラさに真剣な気持ちをミックスしてアピールした。
 この日の会見前、顔を合わせた出席者たちには「1日20キロくらい走っている」と豪語したそうだが、「本当は週2で10キロくらいしか走っていなくて…」と告白。二宮が「ウソついたの?」とあっけにとられる中「すみません、なんか緊張して『かまさないと!』とかいろいろ考えちゃって、とっさに(話を)盛ってしまった」と釈明した。
 相方のりんたろー。(36)も献身的にサポートしてくれているという。「勝手に僕の家に入って、スタミナ料理みたいなのをやってくれています。ドッキリにしなくていいのに、毎回ドッキリ形式で」と明かした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ