本文へ移動

楽天が「ユニホームリサイクルプロジェクト」本拠地などに回収ボックス、協力者にはクーポン進呈

2022年6月27日 17時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天が実施する「ユニホームリサイクルプロジェクト」のメインバナー(球団提供)

楽天が実施する「ユニホームリサイクルプロジェクト」のメインバナー(球団提供)

 楽天は27日、サステナブルな取り組みの一環として、使用しなくなった古いユニホームをファンから回収して、新たなグッズに生まれ変わらせる「ユニホームリサイクルプロジェクト」を実施すると発表した。
 7月7~18日の期間中は、仙台市の本拠地・楽天生命パーク宮城の正面広場、球場隣接のチームショップ、JR仙台駅ビル「エスパル仙台」内にあるグッズショップの計3カ所に回収ボックスを設置。協力した人には、新しいユニホームを購入する時に使える割引クーポン1枚と今夏の限定ユニホーム「EAGLES EARTH GREEN」を着用した選手をデザインしたオリジナルサンクスカード1枚を回収したユニホーム1枚ごとにプレゼントする。
 対象は2005~21年の楽天のユニホームで、他球団のユニホームや一般的な衣類は引き取らない。球団はこれまでも、試合中に折れた選手のバットを石巻こけしに生まれ変わらせるアップサイクルや、スタジアムで回収したペットボトル素材を再生してイーグルスキッズへプレゼントするグッズ製作など、持続可能な未来づくりの取り組みを行っている。詳細は球団公式サイトを参照。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ