本文へ移動

エンゼルス守護神イグレシアス、乱闘劇に怒りあらわ ヒマワリの種ぶちまけ相手ベンチ挑発、自らも退場

2022年6月27日 13時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・イグレシアス(AP)

エンゼルス・イグレシアス(AP)

◇26日(日本時間27日) 大リーグ エンゼルス2-1マリナーズ(アナハイム)
 エンゼルス―マリナーズ戦の2回に8人の退場者を出す大乱闘劇が起き、エンゼルスの守護神ライセル・イグレシアス投手は怒りをあらわにした。
 乱闘が収まった後も、ベンチからひまわりの種が入ったボックスをグラウンドにぶちまけ、相手ベンチを挑発。自らも退場者となった。
 イグレシアスは試合後「われわれは家族だ。こういうことは、チームを一つにする。われわれはプレーオフに行くために、もっといいプレーをして毎日必死で戦いたい」と語った。
 エンゼルスは低迷するロイヤルズ、マリナーズにカード負け越し。この日は試合に勝利し、ア・リーグ西地区3位に戻ったものの、借金は5。守護神はチームの士気を上げたいと思っているのだろう。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ