本文へ移動

秋山翔吾はヒットメーカーなだけではない 「投資的な意味合いもある」と語っていた松田オーナー【広島】

2022年6月27日 13時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
秋山翔吾(AP)

秋山翔吾(AP)

 広島が27日、米大リーグ・パドレス傘下3Aエルパソを自由契約になった元西武の秋山翔吾外野手(34)を獲得したと発表した。
 松田元オーナーは秋山獲得の意義として「投資的な意味合いもある」と語っていた。このところ若手が伸び切れていないという事情もあった。同じ左打ちの野手も多く、感化されやすい若い人たちに好影響をもたらせば、プラスで返って来るという計算だ。
 また「セ・リーグにもDNAを残してほしい」と話していた。パ・リーグに比べてひ弱と言われるセに、パで育った一流の血を入れる。それがチームとリーグの進化につながるという考えだ。
 「戦力としてももちろん」期待は大きい。ヒットメーカーとして知られる一方、米レッズ移籍前の2019年まで3年連続で20本塁打以上を記録している。
 レッズでの2シーズンは本塁打ゼロに終わったものの、今年は3Aエルパソでの16試合で、本塁打3本、三塁打1本、二塁打2本。米国で主に強打者の指標とされるOPS(出塁率+長打率)は9割7厘と高い。日本の12球団でこの数字を上回っているのはヤクルト・村上(11割1分2厘)、西武・山川(11割3厘)、DeNA・牧(9割3分9厘)、ヤクルト・塩見(9割9厘)の4人しかいない。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ