本文へ移動

秋山翔吾と広島をつないだ糸 争奪戦を制した縁は2015年に始まっていた

2022年6月27日 13時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
秋山翔吾(AP)

秋山翔吾(AP)

 広島が27日、米大リーグ・パドレス傘下3Aエルパソを自由契約になった元西武の秋山翔吾外野手(34)の獲得を発表した。
 西武、ソフトバンクとの争奪戦への参戦を決めたのは、秋山が帰国した20日前後だったという。1週間の電撃戦。起点となったのは松田元オーナーの決断だった。
 外国人スラッガーを補強しようとしていた広島は、オリックスでのプレー経験があり、阪神に入団したアデルリン・ロドリゲス内野手(30)も候補として検討した時期があった。魅力的な選手がなかなか見つからずにいたとき、秋山が自由契約になったと聞いてスパッと切り替えた。
 背景にあったのは縁だ。2015年、秋山はシーズン216安打の新記録を樹立。日本代表に選ばれ、11月の国際大会「プレミア12」に向け、調整のためフェニックス・リーグに参加した。
 日南・天福球場で行われた西武戦。松田オーナーがたまたま所用で訪れており、たまたま居合わせたカープOBから、練習していた秋山を紹介された。その際、技術と人柄に感心したという。
 球界でも評判の秋山の人柄。後輩たちがポジションを取ろうと必死になっている古巣、そのライバル球団、どちらにも断りを入れたのもうなずける。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ