本文へ移動

ラーメン効果⁉ 畑岡奈紗、通算1アンダーで5位に食い込む 「最低限の目標クリア」【米女子ゴルフ】

2022年6月27日 13時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
畑岡奈紗(AP)

畑岡奈紗(AP)

◇26日 女子ゴルフメジャー第3戦 全米女子プロ最終日(米メリーランド州、コングレッショナルCC)
 畑岡奈紗(23)=アビームコンサルティング=が69をマークし、通算1アンダーで5位に食い込んだ。60台を出したのは、この日ただ1人だった。西郷真央(20)=島津製作所=と笹生優花(21)は、通算4オーバーの30位に終わった。韓国の27歳、田仁智(チョン・インジ)が75と苦しんだが、通算5アンダーで優勝。初日からの首位を守りきる、大会史上4人目の完全Vを果たした。ツアー4勝のうち3勝がメジャーとなった。
  ◇  ◇  ◇
 畑岡はラーメン効果でスコアを挽回した。75で終わった前日は「頭がすっきりしない」と、珍しくプレー後の練習をせず宿舎に戻り、ラーメンを食べに行った。
 「ふだんは試合中には食べない。おいしいラーメン屋さんあったので」という。気分転換が奏功し、最終Rは最初からショット、パットともさえた。
 特に後半のアウトは、3バーディーでボギーなし。4番で8メートルを入れ、6番は2メートルにピタリ。9番も60センチにつけて、バーディーで締めた。インの第1組スタートで、まだ風が穏やかだったことも幸運だった。「大会を通しては、自分の思うようなスイング、ショットが少なかった。でも、最終的にアンダーで終わるという、最低限の目標はクリアできた」と、まずまずといった表情だ。
 ツアーはこれで前半戦が終了。自身は3週間オフにし、日本に戻ってリセットする。その後は7月のエビアン選手権(フランス)、8月の全英女子オープンと、欧州でのメジャー2試合をへて、米国での終盤戦に臨む。「8月、9月が体の調子が一番いい。調子が上がる時期なので、最低でも2勝できるように頑張りたい」と頼もしい言葉を残した。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ