本文へ移動

【ロッテ】松川虎生1カ月ぶりの打点と守備ビッグプレー連発 井口監督「本当に素晴らしい」と絶賛

2022年6月26日 20時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松川虎生

松川虎生

◇26日 ロッテ3x―2オリックス(延長11回サヨナラ、ZOZOマリン)
 ロッテの高卒ルーキー、松川虎生捕手が攻守で活躍し、チームの3連敗を阻止した。
 まずは打撃。2回2死三塁で先制の中前適時打。5月24日の広島戦(マツダスタジアム)以来、1カ月ぶりの打点を挙げ「(ヘッドコーチの)森脇さんに『しっかり振ってこい』と言ってもらい、思い切っていくことができた。何とか先制することができて良かったです」と喜んだ。
 次は守備。3回無死一塁で送りバントを試みたオリックス・伏見のゴロをつかむと、すぐさま二塁へ送球。二塁から一塁に転送されて併殺を完成させ、ピンチを脱した。さらに2―2の同点に追い付かれた8回1死三塁では、福田を空振り三振に取るや、三塁へ矢のような送球。飛び出していた代走の小田を刺し、勝ち越しを許さなかった。
 守りでのビッグプレー連発に井口資仁監督は「本当に素晴らしいプレーでチームを救ってくれた」と絶賛。オールスターファン投票パ・リーグ捕手の部門で首位を独走中の18歳が、バットと強肩で存在感をアピールした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ