本文へ移動

50歳目前の宮本勝昌「もう自分は潮時だと」2メートルのパット届かず【ゴルフ】

2022年6月26日 19時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮本

宮本

◇26日 男子ゴルフ プレーヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品最終日(栃木県那須塩原市・西那須野CC)
 またも最終日に泣いた宮本勝昌(49)は「勝てると思っていた」と悔しそう。17番で2メートルのバーディーパットがカップまで届かなかったときは「もう自分は潮時だと思った。感覚が違うのがショックだった」といい、18番ではバーディーを外して渋い顔を浮かべた。
8月に50歳となり、9月にシニアツアーデビューを予定している。ただ、7月は試合がないため秋以降の大会で未経験のコースを下見に回るという。実はツアー13勝目へ意欲たっぷりなのだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ