本文へ移動

同組で意識バチバチ、スコアを伸ばし合って大西魁斗が2位、桂川有人は3位【男子ゴルフ】

2022年6月26日 19時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
桂川(左)と大西

桂川(左)と大西

◇26日 男子ゴルフ プレーヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品最終日(栃木県那須塩原市・西那須野CC)
 ともに急成長を遂げている大西魁斗(23)=ZOZO=と桂川有人(23)=国際スポーツ振興協会=が最終組の1つ前で、同組でラウンドした。互いを意識し、スコアを伸ばし合った。大西は7バーディー、桂川は8バーディーで、ともにボギーなし。どちらも4連続バーディーを決め、力を見せつけ合った。
 初優勝まであと一歩の試合が続いている大西は18番で2・5メートルのバーディーパットを外し、プレーオフに持ち込めなかった。それでも「最後まで攻められたことはうれしい。また出直す。今の調子を続けていけば、いつか必ず優勝できる」と気を取り直すように語った。
 4月にツアー初勝利を挙げた桂川は「(大西に)離されないようにした。スコアを気にせず、ガンガン行こうと思った」と64のスコアが気持ちよさそう。プレーの合間に楽しそうに言葉を交わす新世代の闘いは、ギャラリーを最後まで引き付けた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ