本文へ移動

デビュー43年の田原俊彦が78枚目の新曲発売 キレキレのダンスとトシちゃん節は健在

2022年6月26日 18時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原俊彦

田原俊彦

 歌手の田原俊彦(61)が26日、東京・豊洲ピットで新曲「ロマンティストでいいじゃない」の発売記念ライブイベントを行った。
 デビュー43年、通算78枚目の新曲は、フランクシナトラやサミー・デイヴィスJr.を思わせる大人のポップナンバー。1100人のファンが駆けつけたステージで、田原は新曲を初生歌唱したほか、全7曲を激しいダンスも交えて披露。変わらない若々しいパフォーマンスでファンを喜ばせた。 
 ステージは1998年のアルバムに収録したダンサブルな「愛たい・逢えない・切ない」でオープニング。熱い歌声とクルクルと回りながらのキレのあるダンスで盛り上げた。
 この日のライブは、1986年のアルバムに収録した収録曲「踊る王子」や82年のアルバムに収めた「セクシーバージン」など、田原が「いま聴かせたい曲」と選曲した“隠れた名曲”披露した。
 田原は「元気ですか! きょうは猛暑日、晴れ男の僕としてはやっちゃたかな、と思ってます!」とおなじみのトシちゃん節で笑わせながら、「今年は実りのある43年になるように、一緒にエンジョイしましょう。しっかりついてきてください!」と呼び掛けた。
 7月中旬からは新曲を引っ提げた全国20カ所でのツアーが始まる。マスク着用したファンに田原は「コンサートまであと1カ月、それまでに皆さんのマスクが取れるといいけど。マスクをした顔もかわいく見えるからいいけどね」などと、高笑いを交えたリップサービスで笑わせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ