本文へ移動

タイトルホルダーの生産者「中距離も勝たないと、と言われていましたから」と喜び爆発【宝塚記念】

2022年6月26日 17時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宝塚記念を制したタイトルホルダーと関係者ら

宝塚記念を制したタイトルホルダーと関係者ら

◇26日 第63回宝塚記念(G1・阪神・芝2200メートル)
 タイトルホルダーの生産者、岡田スタッドの岡田壮史さんは現役最強を見せつけた馬の走りに「本当にうれしいです。いろんな方面から種牡馬として考えた場合、長距離だけでなく、中距離も勝たないと、と言われていましたから。厳しい展開だったが本当に強い走りを見せてくれました」と喜びを爆発させた。メロディーレーンとタイトルホルダーを産んだあとは不受胎が続いた母メーヴェだが、今年はベンバトルを受胎。岡田さんは「この馬にも期待しています」と目を輝かせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ