本文へ移動

中日、連打で4回同点に追いつく A・マルティネス&高橋周がタイムリー

2022年6月26日 15時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
同点2点打を放つ高橋周

同点2点打を放つ高橋周

◇26日 阪神―中日(甲子園)
 中日がアリエル・マルティネス捕手、高橋周平内野手の適時打で同点に追い付いた。
 3点を追う4回。先頭・岡林が5試合連続安打となる中前打で出塁すると、続く溝脇の遊ゴロで二進。ここでA・マルティネスが2ボールから西純の145キロ直球を左前にはじき返し、二走・岡林が生還した。
 さらに阿部、石岡の連打で1死満塁とすると、高橋周が左前へ2点適時打を放ち、同点に追い付いた。
中日新聞フォトサービス
中日新聞フォトサービス
おすすめ情報

NEWS

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ