本文へ移動

【西武】山川穂高、日本人最速200号!田淵、秋山を抜く697試合で達成「いや~、めちゃくちゃ忘れてました」6回には2打席連発!

2022年6月26日 14時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山川穂高

山川穂高

◇26日 楽天―西武(楽天生命パーク宮城)
 西武の山川穂高内野手が4回に先制の23号ソロを放ち、通算200本塁打を達成した。6回にも2打席連発となる24号ソロをマークした。
 697試合前での到達は田淵幸一(当時阪神)、秋山幸二の714試合(当時西武)を抜く日本人最速記録で「いや~、200号、めちゃくちゃ忘れてました。打席の中では相手投手に対して集中してますから。ホームランの後、ベースを回りながらベンチを見たら、あ、そうだった、って。打てて良かったです」と振り返った。
 日本のプロ野球での200号最速はアレックス・カブレラ(当時西武)の538試合。球団ツイッターでも「これからもチームを、ファンの皆さんを沸かす一発をバンバン打ってください! 山川選手おめでとうございます」と鼓舞された。
 4回先頭で楽天の先発左腕・早川の3球目を右中間に運んだ。6回も3球目を捉え、打球を左翼に突き刺した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ