本文へ移動

【巨人】戸郷翔征、中4日登板で3回途中6失点KO 打線が5点挙げるもひっくり返される

2022年6月26日 14時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回途中、降板する巨人・戸郷

3回途中、降板する巨人・戸郷

◇26日 ヤクルト―巨人(神宮)
 今季初の中4日で先発した巨人・戸郷翔征投手が、3回をもたずにKOされた。
 1回の攻撃で3点を先制してもらったが、その裏にまず1失点。それでも3回の攻撃で味方打が2点を追加して5―1となったが、その裏につかまった。山田、青木、オスナの適時打で1点差に迫られ、なおも2死一、三塁となったところで降板。代わった今村が長岡に逆転3ランを打たれ、この回6失点となり、一気にひっくり返された。
 戸郷は今季最短となる2イニング2/3を6失点(自責5)だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ