本文へ移動

大谷翔平、一時同点の16号ソロも勝利に結びつかず エンゼルス逆転負け【MLB】

2022年6月26日 14時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回、16号ソロを放つエンゼルス・大谷(AP)

3回、16号ソロを放つエンゼルス・大谷(AP)

◇25日(日本時間26日) 大リーグ エンゼルス3-5マリナーズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平は「3番・指名打者」でフル出場。3回の第2打席で16号ソロ本塁打を右翼席に運び、5試合連続安打をマークするなど4打数1安打1打点、1四球だった。この一発でチームは一時同点に追い付き、4回に勝ち越しに成功したものの、逆転負けで連敗を喫した。
 14、15号の2発を放った21日の試合もチームは黒星を喫しており、大谷が本塁打を記録した試合の今季の勝敗は9勝3敗となった。
 この日は見逃し三振、ソロ本塁打、敬遠四球、中飛、右飛だった。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ