本文へ移動

巨人、目にも止まらぬ超速攻!! プレーボールから4球で1点、8球で2点、10球で3点目を先制

2022年6月26日 13時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、左前適時打を放つ巨人・ウォーカー

1回、左前適時打を放つ巨人・ウォーカー

◇26日 ヤクルト―巨人(神宮)
 巨人が、プレーボールからあっという間に3点を先制した。
 初回、先頭・増田陸が2球目を打ち上げたが、村上が落球して失策で出塁すると、2番・丸が初球を中前打。3番・ウォーカーも初球を捉え、左前への適時打で1点先制した。
 その後も、4番・岡本和が2球目を左前へ運び無死満塁とすると、5番・坂本が2球目を右犠飛にして2点目。さらには6番・ポランコも2球目を中前へ運び、3点目となる適時打になった。
 プレーボールからわずか4球で1点目、8球で2点目、10球で3点目を奪う超速攻となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ