本文へ移動

「打てないときは外科?内科?」奇策空振りで7連敗も新庄剛志ビッグボスの軽口が救い⁉【日本ハム】

2022年6月25日 21時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・新庄監督

日本ハム・新庄監督

◇25日 ソフトバンク―日本ハム(ペイペイドーム)
 交流戦明けから続く今季ワーストの連敗街道が「7」まで伸びた。完封負けを喫した日本ハム・新庄監督は「打てないときは外科に行けばいいの? 内科? 精神科? ちょっと調べておいて」と苦笑い。貧打の苦しみをジョークで紛らわせた。
 左打者を苦手とするソフトバンクの左腕・大関に対して、あえて右打者8人を並べる策を打ったが、散発4安打でほぼ完璧に封じ込まれた。ビッグボスは「(右打線は)良くなかった。右打者のインコースにクロスで入ってくるボールが頭に残るから、スライダーも見逃してしまう。次は左を並べます」と率直に作戦の失敗を認めた。
 ハマれば絶大な威力を発揮するビッグボスの奇策も、この連敗中は空振りが目立つ。深刻な貧打も加わり、光明も見えない中、ビッグボスは「エンゼルスのマドン監督は14連敗(解任時は12連敗)でクビになったでしょ。明日はわが身のつもりでやる。今は7連敗なので、あと6で連敗を止めたい」と自虐的に語った。
 自ら話題に出したのは大谷翔平所属のエンゼルスを率いたマドン前監督の電撃解任劇。ビッグボスにまだ軽口をたたけるだけの余裕があるのが、せめてもの救いだが…。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ