本文へ移動

【高校野球】実力伯仲…エース左腕に安定感、浜松開誠館など4校が頭一つリード【静岡大会組み合わせ】

2022年6月25日 22時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高校野球静岡大会の組み合わせ

高校野球静岡大会の組み合わせ

 第104回全国高校野球選手権(8月6日から17日間)の甲子園代表を決める静岡大会の組み合わせ抽選会が、25日に行われた。浜松工が駿河総合とオイスカ浜松国際の勝者と初戦を戦う。
 例年以上に実力が伯仲しているが、浜松開誠館、静岡、日大三島、常葉大菊川の力は頭一つ抜けている。
 今春東海王者の浜松開誠館はエース左腕・山口に安定感がある。名門・静岡は法月、鈴木脩らの投手陣と4番吉田の打力に注目。センバツ出場の日大三島は投打の中心・松永の出来が大きく左右しそうだ。常葉大菊川はサイドスロー右腕・安西ら投手にタレントがそろう。センバツは無念の落選となった聖隷クリストファーや駿河総合、浜松工も上位をうかがう。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ