本文へ移動

運の強い今年の吉田豊騎手、宝塚記念も勢いに乗って勝ち取って!【小泉恵未コラム】

2022年6月25日 18時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドバイターフをパンサラッサで制した吉田豊騎手と

ドバイターフをパンサラッサで制した吉田豊騎手と

 春のG1は難解なレースが多かった。総決算の宝塚記念は、コエミさんが例年人気薄の2着を当てるのが得意なレース。昨年の本命は7番人気2着ユニコーンライオン。2018年は香港馬ワーザーを挙げて10番人気2着! 今年も人気薄を2着に押し上げようではありませんか!!
 まずはドバイターフを制したパンサラッサ。今回もハナを主張するはずで、ハイペースで逃げ切る力に期待です。鞍上の吉田豊騎手、ドバイの表彰式ではフランキーとのHUG&KISSが華やかでしたが、会見場では「え? 僕も? 日本語しかできないよ」とドキドキしながら壇上に上がる姿がとても愛らしかったです。運の強い今年の吉田豊騎手なら、日本のG1も勢いに乗って勝ち取ってほしい!
 2番手で競馬するのは、天皇賞・春の勝ち馬タイトルホルダーかしら。この2頭が前にいけば、前半からペースは早くなり、3コーナーからの下り坂でもペースが落ちず、最後どう踏ん張れるかが問われる展開になりそう。
 持続力ならヒシイグアスが面白い。4週連続で追い切りにレーン騎手が騎乗していて、馬を育てているところが加点ポイントよ。サウジアラビア・ネオムターフCの勝ち馬オーソリティと、サウジアラビア・レッドシーターフHCとドバイGCを勝ったステイフーリッシュも、海外遠征を見守った組。凱旋(がいせん)でどんな戦いをするのか楽しみです。あとは吉田兄弟のワンツーにも期待して大阪杯を勝ったポタジェまで押さえます。(フリーアナウンサー)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ