本文へ移動

【中日】6回に根尾が甲子園初登板もプロ初失点…今季14度目の零封負けで借金今季ワースト10

2022年6月25日 17時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏1死一、二塁、小幡(後方)に左前適時打を許す根尾

6回裏1死一、二塁、小幡(後方)に左前適時打を許す根尾

◇25日 阪神10―0中日(甲子園)
 中日は投打に精彩を欠き、今季14度目の零封に加え、同7度目の2桁失点で大敗。借金は今季ワーストの10となった。
 先発・福谷が阪神打線につかまり、4イニング9失点と炎上。降板後には「今はどんなコメントをしたらいいのか言葉が見つかりません」とぼうぜん自失状態だった。
 打線も拙攻続きで4回までに7残塁と好機で1本が出なかった。
 また6回には根尾昂投手が1軍では甲子園初登板を果たすも小幡に適時打を打たれ、5試合目にしてプロ初失点を喫した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ