本文へ移動

本仮屋ユイカ、〝片恋〟チームに信頼感 約1年半ぶりに〝妄想女子〟演じる TOKYO MXのドラマ「片恋グルメ日記2」

2022年6月26日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラマについて語った本仮屋ユイカ

ドラマについて語った本仮屋ユイカ

 現在放送中のTOKYO MXのドラマ「片恋グルメ日記2」(月曜午後10時)で主演を務める女優本仮屋ユイカ(34)がこのほど、ドラマにかける思いを語った。
 原作は月刊誌「JOUR(ジュール)」(双葉社)で連載されていた同名漫画。2020年10月にドラマ化され、今作はパート2。本仮屋演じる所まどかと、思いを寄せる八角直哉(平岡祐太)との恋の行方を描く。彼と同じメニューを食べることで追体験する〝妄想女子〟という役柄に約1年半ぶりに挑んだ。
 本仮屋は、パート1の時点で監督から「ユーチューブの本仮屋さんくらい出して」と言われたそうだ。「やりたい放題やっているものを、別のキャラクターで引き出すため、自分のありとあらゆるところを見せないといけない。これは大変なことになったぞ」と恐怖すら感じたという。
 しかし、パート2では撮影チームへの絶対的な信頼感から「結局、私が何もできなくても大丈夫なんだ!という方向の信頼。やれることが増えて、より自分が出せる」と最初からフルスロットル。今作の撮影現場に「どこに行っても〝片恋〟くらいのびのびとできたらいいな」とはにかみ、今後のビジョンは「どこの現場でも心配せずに立てる人になりたい。もうちょっと安心すれば、もうちょっと自由にできる」と未来の自身に思いをはせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ