本文へ移動

力石政法、8月に初防衛戦 「だんだん世界が近づいてきている」【ボクシング】

2022年6月25日 15時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初防衛戦が決まった力石政法

初防衛戦が決まった力石政法

 OPBF東洋太平洋スーパーフェザー王者・力石政法(28)=緑=が8月14日にエディオンアリーナ大阪で同級14位のトムジュン・マングバット(フィリピン)と初防衛戦を行うことが25日、興行を主催するKWORLD3ジムの亀田興毅会長(35)から発表された。
 対戦相手のマングバットは19戦15勝3敗1分け。15勝のうちKO勝ちが12というハードパンチャーだ。5月15日に行われた渡辺卓也(33)=DANGAN AOKI=との王座決定戦を制し初タイトルを手にした力石だが、今回の初防衛戦は指名試合ではなく選択試合。ただ、決して侮れない対戦相手のようだ。
 力石は「だんだん世界が近づいてきていると思う」と言うだけに、ここでベルトを失うわけにはいかない。むしろ勝って、世界ランク入りし、そしてランクを上げていかないといけない。
 「KOできればいいけど、それよりもまずは勝つこと。負けたら終わりなので、絶対に勝たないといけない」と口元を引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ