本文へ移動

恐竜描いた投票済証明書 勝山市選管 持ち帰り自由

2022年6月25日 05時05分 (6月25日 11時51分更新)
デザインを一新した「投票済証明書」=勝山市民会館の期日前投票所で

デザインを一新した「投票済証明書」=勝山市民会館の期日前投票所で


 勝山市選管は、参院選(七月十日投開票)に合わせて、市オリジナルの「投票済証明書」を交付している。“恐竜のまち”らしく恐竜の頭骨をデザインした一枚で、投票所出口に設置して自由に受け取れるように工夫し、投票への参加を呼びかけている。 (平林靖博)
 証明書は縦十センチ横十五センチで、参院選の施行日などとともに、恐竜の頭骨のデザインを大きく載せて「太古の咆哮(ほうこう) 恐竜渓谷勝山」と書かれている。市が持つ既存のデザインを活用した。市民会館などの期日前投票所と、七月十日の当日投票所十六カ所に設置し、自由に持ち帰ることができる。
 市選管では、市民からの要望もあり二〇一六(平成二十八)年の参院選から証明書を交付。ただ、これまでは「投票済証明書」など、文字のみのシンプルなデザイン。投票の際に要望があれば交付する形式だったが、投票推進を目指して取り組みを新たにした。三屋晃二書記長は「証明書で、市民の皆さまに選挙へ関心を持ってもらいたい」と話していた。

関連キーワード

おすすめ情報