本文へ移動

【宝塚記念】ウインマリリンに一発ムード「直近とは毛づやが全然違う」アリーヴォ陣営は強気「上がり目としてはこっち」

2022年6月25日 11時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アリーヴォ

アリーヴォ

◇第63回宝塚記念(G1・26日・阪神・芝2200メートル)
 栗東滞在調整のウインマリリンはCWに出てキャンターで1周。大村助手は「帰厩したときからですけど直近の2走とは毛づやが全然違います。調子のいいときの気合が戻ってきていますし、乗ってて楽しい。栗東滞在はどうなるかと心配なところもありましたが、寂しがることもなくてかえってよかったですね」と一発があってもという仕上がりだ。
 一方、アリーヴォは栗東坂路68秒7―15秒9で最終調整。杉山晴師は「順調ですね。上がり目としては(デアリングタクトより)どうしてもこっちということになりますね。大阪杯は内容によっては中京記念という線もあったんですが、ジョッキーも、あれなら宝塚記念と。先週、今週と動きはよかったし、力をつけているのでは」と、強気だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ