本文へ移動

窓なしで開放感、自然満喫して 豊橋でトゥクトゥク借りよう

2022年6月25日 05時05分 (6月25日 15時58分更新)
トゥクトゥクの横に並ぶ水野さん=豊橋市清須町で

トゥクトゥクの横に並ぶ水野さん=豊橋市清須町で

  • トゥクトゥクの横に並ぶ水野さん=豊橋市清須町で
  • トゥクトゥクの運転席でハンドルを握る水野さん。アクセルはバイクのようにハンドル部分に付いている
 豊橋市清須町で東南アジア発祥の乗り物「トゥクトゥク」のレンタカーサービスがスタートした。一時間から気軽に利用でき、心地良い風を感じながら、非日常を味わえるのが魅力。サービスを展開する「豊橋トゥクトゥクレンタカー」代表の水野辰洋さん(34)は「トゥクトゥクに乗り、豊橋近郊の自然を満喫してほしい」と呼びかける。
 トゥクトゥクは、主にタイなどでタクシーとして利用されている三輪タイヤの乗り物。丸みを帯びたかわいらしい見た目で人気が高く、国内でも沖縄などの観光地でレンタカーサービスが導入された例がある。
 普段は豊橋市内で喫茶店を経営する水野さん。二〇一九年に友人と沖縄で乗った楽しさを伝えようと、東三河では珍しいレンタル事業の立ち上げを決意した。用意したのは、タイから持ち込まれた最大四人乗りの二台で、専門のディーラーから購入し、六月中旬にサービスを開始した。
 窓がないため、風通しがよく、開放的な気分を味わえるトゥクトゥクに乗って豊橋から少し足を延ばせば、海や山などの自然にも触れられる。水野さんは「海沿いのドライブがお勧め。田原のロングビーチに行って、大アサリを食べて帰ってくるのはどうでしょうか」と笑顔で提案する。
 水野さんが選んだ二台は青と黄色、オレンジとカラフルな見た目。「走っているだけで目立つ」という特性を生かし、看板広告を付けて街中を走らせたり、イベントでの利用も呼びかけたりしている。
 普通車免許を所持する人なら運転可。水野さんは「東三河は観光面が弱いと感じる。トゥクトゥクを通し、この地域の観光業を活性化したい」と意気込んでいる。一時間四千八百円からで、電話かインターネットで予約できる。(問)豊橋トゥクトゥクレンタカー=090(2610)9977
 (鈴木美帆)

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧