本文へ移動

息子は二刀流だ!!中日ビシエドの愛息ジュニア君が3者連続三振&二塁強襲2点打 ビシエドは「いいだろ?」とご満悦

2019年11月17日 17時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 愛息を見守るビシエド
 中日のダヤン・ビシエド内野手(30)が17日、名古屋市内で息子・ジュニア君(9)が出場した学童野球の大会を観戦し、愛息のプレーに笑顔で拍手を送った。大会は瑞穂少年軟式野球連盟所属のチームから選抜された小学4年生以下のオールスター戦。ジュニア君は「大須パンサーズ」のユニホームを着て先発登板すると、力強い球を投げ込んで圧巻の3者連続三振の離れ業を披露した。降板後は中堅の守備に就き、中前への当たりを捕球して一塁へ矢のような送球。間一髪でセーフになったものの強肩をみせつけ、会場からどよめきが起こった。
 ビシエドは「なかなかいいピッチャーだろ? コントロールがいいよね」と息子の好投に上機嫌。打席では父親とは違う左打席で二塁強襲の2点内野安打を放ち「もうちょっとバッティングはよくなれる。でも悪くはないよ」と笑顔だった。息子のプレーだけでなく、巧みなグラブさばきを見せた一塁手の好守備にも拍手を送っていたビシエド。試合終了後には子どもたちからサイン攻めに合い、即席のサイン会を開催し、人気者だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ