本文へ移動

吉田拓郎、最後のテレビ出演!KinKi Kidsとの初合作曲披露「LOVE LOVE あいしてる」7.21最終回SP

2022年6月25日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)堂本剛、吉田拓郎、堂本光一ⓒフジテレビ

(左から)堂本剛、吉田拓郎、堂本光一ⓒフジテレビ

 人気デュオ「KinKi Kids」とシンガー・ソングライター吉田拓郎(76)による異色のタッグで人気を博したフジテレビ系の伝説の音楽バラエティー「LOVE LOVE あいしてる」が、KinKiのデビュー25周年記念日の7月21日、午後8時から特番として5年ぶりに復活する。吉田はこの番組が最後のテレビ出演となり、番組も最終回を迎える。「最終回・吉田拓郎卒業SP」と題し、KinKiが作曲、吉田が作詞した初の合作曲「Sayonara あいしてる」を一夜限りで披露する。
 吉田は、今月29日にアーティストとしてのラストアルバム「ah―面白かった」をリリースし、52年の音楽制作活動にピリオドを打つ。同作には、堂本剛(43)が編曲とギター演奏で参加した楽曲「ひとりgo to」を収録、アルバムタイトルの題字を堂本光一(43)が執筆した。
 吉田の音楽人生にとって、KinKi Kidsは切っても切り離せない、深い絆で結ばれていることを物語っている。そんな2人がデビューから四半世紀の記念日を迎える日、吉田は2人を祝福し、自らは最後のテレビ出演で有終の美を飾る。
 「LOVE LOVE あいしてる」は、1996年10月から2001年3月まで、毎週土曜日の午後11時30分から放送された。フレーズに歌詞を詰め込む“拓郎節”が特徴のテーマソング「全部だきしめて」は吉田が作曲を担当。98年にKinKiがカバーしてリリースし、シングルはミリオンセールスを記録した。
 レギュラー放送終了後も、不定期特番や年末年始の大型特番として放送されてきた。今回は、16年ぶりの放送となった17年の特番以来5年ぶりの復活となるが、吉田が音楽活動の第一線から身を引くことで、番組も最終回となる。
 きっかけは、光一が吉田へ宛てたメッセージだった。今年の年始あいさつをメールでやりとりする中、「今年こそ『LOVE LOVE あいしてる』が実現することを心から願っています」と送信。受け取った吉田は、すぐに剛や番組レギュラーの篠原ともえ(43)らとも話をして、番組プロデューサーに「みんなやる気満々。打ち合わせしませんか?」と連絡し、吉田がかねて決意していた最後のテレビ出演に向けて動きだした。
 吉田は「僕は年齢的にも2人より全然上で、いろいろなことをリタイアしたいなと考えていまして。テレビとのお付き合いも『LOVE LOVE~』で最後にしたいな、という決心が随分前からありました。光一と剛と最後に一緒にやって、一緒の時間を過ごして、それを最後のテレビ出演とするのはどうかなと。僕はとてもすてきな有終の美を飾れそうで、とても幸せ。光一、剛、篠原さん、皆さんに感謝しています」と心境を語った。
 光一も「今回の特番が終わった後に、拓郎さんに『最後を飾るのに本当にふさわしかったよ』と言っていただけることもすばらしいことだし、『いや、楽しいからもうちょっとやろうかな』と言っていただけるのもうれしいことです。どっちに転がるかわからないですし、どっちに転がそうとも思っていません」と、歴史的な1日になるであろう収録を心待ちにしている。
 剛も「リハーサルをして楽しかったし、収録の日も、どんな日も二度とないので、当たり前の中にある喜びをかみしめながら当日は過ごしたいです。そこで生まれたコミュニケーションがまた何かにつながるかもしれない。光一の言うように、何かが起こるようにわざと導こうとも思ってないし、自分たちらしく楽しく過ごせたら、まずはそれが幸せなんでそんな日になればいいなと思います」としている。
       ◇
 吉田の“卒業式”には、篠原やTHE ALFEEの坂崎幸之助(68)らレギュラー陣に加え、吉田が「最後のテレビ出演に会いたい」とオファーした超豪華ゲストも集結。そして、今回のためにKinKiと吉田が3人で初の合作に挑んだそれぞれの門出ソング「Sayonara あいしてる」を披露する。
 「3人で一緒に作った曲を番組で演奏してみたいね」と吉田が提案したところ、KinKiの2人が「ぜひ!」と即答したことから、その翌日に吉田は歌詞を2人に送り付けたという。
 「(剛と)お互いに連携を取ってやろうと考えていたんですけど、思えば連携なんて取ったことないなって(笑)」と光一が明かすと、吉田は「剛からAというメロディーがきて、光一からはBというメロディーが届いて、俺にこれをくっつけてくれと。いかにもKinKi Kids。委ねられたというか、勝手すぎる!(笑)」と愛の“ダメ出し”。
 剛が「光一は舞台をやっていたから、なかなか時間が取れなくて…」と釈明するも、吉田は「おまえたちは連携を取るのが嫌なのか?」とツッコんで笑わせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ