本文へ移動

こんな日は ぐびっと 富山県内、今年初の猛暑日

2022年6月25日 05時05分 (6月25日 09時44分更新)
暑気払いの一杯を楽しむ仕事帰りの会社員ら=24日午後6時27分、富山市大手町のANAクラウンプラザホテル富山で(平井剛撮影)

暑気払いの一杯を楽しむ仕事帰りの会社員ら=24日午後6時27分、富山市大手町のANAクラウンプラザホテル富山で(平井剛撮影)

 南から暖かい空気が流れ込んだ富山県内は二十四日、魚津市で三六・三度、高岡市伏木で三六・二度など、今年初の猛暑日となった。県内の全十観測地点で今年の最高気温を記録し、魚津市や砺波市、氷見市など七カ所では六月の観測史上最高気温を更新した。
 富山市大手町のANAクラウンプラザホテル富山ではこの日からビアガーデンがオープン。仕事帰りの会社員がビールジョッキを傾け、渇いたのどを潤した。金沢市昭和町の会社員田中俊輝さん(27)は「新型コロナウイルス禍もあって外で飲むのは久しぶり。暑かったので、ビールがおいしい」と上機嫌だった。
 県内の消防機関によると二十四日午後五時までに富山、高岡、魚津、砺波、南砺、入善の六市町で十〜九十代の男女計六人が熱中症の疑いで搬送された。
 富山地方気象台によると、暖かい空気が居座り、この先一週間は三〇度を超える日が続く見込み。二十五日は富山市で三六度、高岡市伏木で三五度の最高気温を予想している。

関連キーワード

おすすめ情報

北陸発の新着

記事一覧