本文へ移動

サザン原由子31年ぶりソロアルバム「婦人の肖像」10.19リリース「桑田からも背中を押してもらった」

2022年6月25日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
31年ぶりにオリジナルアルバム「婦人の肖像(Portrait of a Lady)」をリリースする原由子。タイトルにちなみ、飾らないありのままの姿を写真でも表現している

31年ぶりにオリジナルアルバム「婦人の肖像(Portrait of a Lady)」をリリースする原由子。タイトルにちなみ、飾らないありのままの姿を写真でも表現している

 「サザンオールスターズ」の原由子(65)が、10月19日にソロとして31年ぶりとなる通算4枚目のオリジナルアルバム「婦人の肖像(Portrait of a Lady)」をリリースすることが決定した。夫であり、サザンの盟友・戦友でもある桑田佳祐(66)が全面バックアップ。母性的で柔らかな“原坊”のイメージを大胆に刷新する未発表曲10曲入りのヤバい作品になりそうだ。
 「昨年の夏より今まで作り温めてきた曲のモチーフや現在の気持ちを反映させた曲をまとめておこうとレコーディングに入りましたが、レコーディングが進むうちに曲作りやアレンジ、そして演奏し歌うことの楽しさに改めて気付かされ、桑田からも背中を押してもらって、気付けば10曲のアルバムとなりました」。サザンのデビュー44周年記念日に、ファンにうれしい知らせが届いた。
 原はこれまでにソロとして「はらゆうこが語るひととき」(81年)、「Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd」(83年)、「MOTHER」(91年)のオリジナルアルバムをリリース。例えば「MOTHER」は、私生活で母となったタイミングの作品で、その時代ごとの原由子像を表現してきた。
 その「MOTHER」以来実に31年ぶりとなる今作は、ミュージシャンとしても人間としてもさらに円熟味を増した原由子の等身大の姿がテーマ。関係者によると「今の時代」と向き合って、洋楽曲からインスパイアを受け音楽的な実験を試みたり、現代社会へのメッセージを歌詞に込めるなど、原のパブリックイメージを大胆に刷新する内容になっている。
 タイトルの「婦人の肖像」は、桑田夫妻が大好きなオーストリアの画家クリムトの代表作から着想を得たという。桑田はコーラスや演奏に参加したり、作詞作曲を手掛けるなど全面バックアップした。
 原がボーカルを務める新曲は、企画盤「ハラッド」(10年)や、サザン名義でリリースしたアルバムにも収録されているが「コロナ禍で世界情勢も変わり不安が多くなる中で、改めて幼少期よりさまざまな音楽に触れ励まされてきたこと、今なお音楽活動を続けていられることのありがたさを実感しました」と、約10年前から温めていたフレーズやメロディーの破片を拾い集めて形にすることを桑田と二人三脚で始めた。
 原は「次の世代にも音楽の素晴らしさが伝わりますように、そして自由に音楽を聴ける平和な世の中が続くことを願いながら、このアルバムをお届けします。十曲十色の世界を楽しんでいただけましたら幸いです」とアピールしている。
      ◇
 収録曲の中から、桑田が作詞作曲した「ヤバいね愛てえ奴は」が、女優杉咲花(24)主演のNHK連続ドラマ「プリズム」(7月12日スタート、火曜午後10時)の主題歌に決定。25日に開設されるアルバムの特設サイトで、その一部を試聴することができる。さらに、桑田のレギュラーラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FMなど38局、土曜午後11時)では、25日の放送で同曲のほか、同じく桑田が手掛けた未発表曲「スローハンドに抱かれて(Oh Love!!)」を初オンエアする予定という。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ