本文へ移動

【日本ハム】新庄ビッグボス「左投手の強化を」の要望受けメネズ獲得 今季3Aで防御率2.14

2022年6月24日 22時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・新庄監督

日本ハム・新庄監督

 日本ハムは24日、メジャー通算24試合登板のコナー・メネズ投手(27)=前カブス=との契約を発表した。今季終了までの契約で、推定年俸は3000万円プラス出来高。
 メネズは身長188センチの左腕で、今季は主にカブス傘下の3Aで救援として投げ、11試合で防御率2・14の成績を残している。稲葉GMは「直球の平均球速は145キロほど。力で押すタイプではないが、タイミングを外す投球フォームで打者を翻弄(ほんろう)する。特徴的なチェンジアップがあり、スライダーとカーブで組み立てる」と説明した。
 獲得の背景には、新庄監督からの強い要望もあった。「ビッグボスから『左投手の強化を』という要望を受けていた。メネズ投手には試合終盤の大事な場面で力を発揮してほしい」と稲葉GM。手薄なブルペンを強化する新戦力として、期待は大きい。
 メネズは「新たな環境でのプレーに気持ちが高ぶる。日本文化にも興味がある。北海道での生活が本当に楽しみ」とコメントしている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ