本文へ移動

【ヤクルト】「得点圏打率、相当低い」けど自己最多1試合5打点 中村悠平が猛攻着火の2打席連発

2022年6月24日 22時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回裏2死一塁、ヤクルト・中村が2打席連続の本塁打となる2ランを放つ

3回裏2死一塁、ヤクルト・中村が2打席連続の本塁打となる2ランを放つ

◇24日 ヤクルト16-6巨人(神宮)
 ヤクルトが5本塁打を含む19安打、16得点で巨人に大勝した。猛攻の着火は中村悠平捕手。「人生初」と相好を崩した1試合2本塁打、しかも2打席連続で放った。初回に1号3ラン。今季33試合目での一発後、続く3回の打席で2ラン。2本とも巨人のエース・菅野から打ち、大勝劇をけん引した。
 その後も二塁打と単打を放ち、4打席連続安打。自己最多に並ぶ1試合5打点をたたき出した。試合後は「チャンスに強くない。得点圏打率、相当低いので。もっとチャンスで打てるように頑張っていきます」と力強く宣言した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ