本文へ移動

中日また追いついた!三ツ俣大樹が同点2点打 捕手が捕球し損ねて二走石岡も生還

2022年6月24日 20時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表1死二、三塁、中前に同点打を放つ代打三ツ俣

8回表1死二、三塁、中前に同点打を放つ代打三ツ俣

◇24日 阪神-中日(甲子園)
 中日・三ツ俣大樹内野手がまたまた大仕事だ。
 2点を追う8回に岡林、石岡の連打と木下の犠打で1死二、三塁。5番・山下の代打で打席に立った三ツ俣は、阪神先発・青柳の初球144キロをコンパクトなスイングで振り抜き、中前に弾き返した。三走に続き、二走・石岡も本塁突入。中堅からの送球はアウトのタイミングだったが、捕手・坂本が捕球できずに生還し、同点とした。
 三ツ俣は21日のヤクルト戦(バンテリンドームナゴヤ)でも延長10回2死満塁で代打起用され、満塁被打率0割だったリリーフの“切り札”田口からサヨナラ適時打を放っていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ